step1 劣化について知ろう

まずは、劣化とは何かを知ることで、塗装時期の見極めをつけましょう。
劣化の進行状況はご自身でも確認することができ、把握することが最も重要です。
ただし、劣化の表れや劣化速度は、家の材質や下地、環境で異なります。
こちらでは、特徴的な5つの劣化についてご説明いたします。
参考にしていただき、自己診断を行う上で塗装時期の判断材料としていただければと思います。
塗膜層の劣化状況
①日焼け・色あせ・変色
こちらの症状のの原因は、主に太陽光の紫外線の影響で、塗膜を守る役割の「樹脂」が劣化することで、塗料の色の元となる「顔料」にも影響し色あせが発生いたします。
また、雨風の影響も受けるため、各所で色あせの進行状況が異なります。
他にも酸性雨などの自然的な原因も考えられます。
①日焼け・色あせ・変色
②チョーキング現象・白化
外壁を手でこすると、手にチョークのような粉が付着する現象です。
こちらの現象は、タイトルのようにチョーキング現象や白化と呼ばれております。
紫外線や雨風の影響で、塗料の色彩を出す「顔料」が劣化し、粉状になっていいる現象です。
一般的にチョーキング現象や白化は、塗り替えのサインとも言われております。
②チョーキング現象・白化
外壁の色が手に付着している様子です。チョーキング現象の代表的な現象が見て取れます。
③苔・藻・カビの発生・環境汚染
外壁が劣化をすると、表面の撥水性が低下致します。
低下することで、雨水の撥水に時間がかかり、太陽光が当たりずらい場所では尚更、乾燥に時間がかかります。
そうしますと湿気が発生し、苔や藻・カビ付着しやすくなり、繁殖が加速します。
苔・藻・カビの発生を放置しますと、美観が損なうほかに衛生面の悪化や湿気による外壁の腐食・劣化など様々な悪影響が発生し始めます。
対処方法:家庭用洗浄機でも十分に、落とすことが可能です。小まめな手入れが必要です。

※長年放置された方方は、外壁内部に根がある場合があります。薬品洗浄(バイオ洗浄)が必要ですので塗装と同時に施工業者に頼みましょう。
③苔・藻・カビの発生・環境汚染01
③苔・藻・カビの発生・環境汚染02
④ひび割れ(クラック)
モルタル・サイディングそれぞれで起こるひび割れ(クラック)
ひび割れには種類が幾つか存在します。
(1)外壁そのもののひび割れ(クラック)
ひび割れの幅で呼び方が変わります。
1⃣ヘアクラック
ひび割れの幅が0.3㎜以下の細いクラック(髪の毛ほどの細さ)の事を示す建築用語です。
1⃣ヘアクラック 塗装面(塗膜)に発生する極めて幅の小さなクラックのため、緊急性のない劣化になります。
2⃣構造クラック
ひび割れの幅が0.3㎜以上、深さが0.5㎜以上の事を示す建築用語です。
2⃣構造クラック ひび割れ(クラック)の幅が大きいと、ひび割れから雨などが外壁内部へと周り、躯体への劣化に繋がりますので、構造クラックが発生し始め段階で塗装の施工と、ともに修復する事を推奨致します。(緊急性のある劣化に分類されます)
⑤塗膜の剥離・脹れ
塗装した膜が、剥がれたり、脹れた症状が現われます。
これは、劣化(クラックから雨水などによる影響)による付着力の低下が原因です。
この劣化状況が発生すると外壁を保護する機能が無い状況なので、下地素材の欠損に
進行します。緊急がある劣化ですので、早急な対応が必要です。
⑤塗膜の剥離・脹れ
まずは、劣化とは何かを知ることで、塗装時期の見極めをつけましょう。
劣化の進行状況はご自身でも確認することができ、把握することが最も重要です。
ただし、劣化の表れや劣化速度は、家の材質や下地、環境で異なります。
こちらでは、特徴的な5つの劣化についてご説明いたします。
参考にしていただき、自己診断を行う上で塗装時期の判断材料としていただければと思います。
塗膜層の劣化状況
①日焼け・色あせ・変色
こちらの症状のの原因は、主に太陽光の紫外線の影響で、塗膜を守る役割の「樹脂」が劣化することで、塗料の色の元となる「顔料」にも影響し色あせが発生いたします。
また、雨風の影響も受けるため、各所で色あせの進行状況が異なります。
他にも酸性雨などの自然的な原因も考えられます。
①日焼け・色あせ・変色
②チョーキング現象・白化
外壁を手でこすると、手にチョークのような粉が付着する現象です。
こちらの現象は、タイトルのようにチョーキング現象や白化と呼ばれております。
紫外線や雨風の影響で、塗料の色彩を出す「顔料」が劣化し、粉状になっていいる現象です。
一般的にチョーキング現象や白化は、塗り替えのサインとも言われております。
②チョーキング現象・白化
外壁の色が手に付着している様子です。
チョーキング現象の代表的な現象が見て取れます。
③苔・藻・カビの発生・環境汚染
外壁が劣化をすると、表面の撥水性が低下致します。
低下することで、雨水の撥水に時間がかかり、太陽光が当たりずらい場所では尚更、乾燥に時間がかかります。
そうしますと湿気が発生し、苔や藻・カビ付着しやすくなり、繁殖が加速します。
苔・藻・カビの発生を放置しますと、美観が損なうほかに衛生面の悪化や湿気による外壁の腐食・劣化など様々な悪影響が発生し始めます。
対処方法:家庭用洗浄機でも十分に、落とすことが可能です。小まめな手入れが必要です。

※長年放置された方方は、外壁内部に根がある場合があります。薬品洗浄(バイオ洗浄)が必要ですので塗装と同時に施工業者に頼みましょう。
③苔・藻・カビの発生・環境汚染01
③苔・藻・カビの発生・環境汚染02
④ひび割れ(クラック)
モルタル・サイディングそれぞれで起こるひび割れ(クラック)
ひび割れには種類が幾つか存在します。
(1)外壁そのもののひび割れ(クラック)
ひび割れの幅で呼び方が変わります。
1⃣ヘアクラック
ひび割れの幅が0.3㎜以下の細いクラック(髪の毛ほどの細さ)の事を示す建築用語です。
1⃣ヘアクラック
塗装面(塗膜)に発生する極めて幅の小さなクラックのため、緊急性のない劣化になります。
2⃣構造クラック
ひび割れの幅が0.3㎜以上、深さが0.5㎜以上の事を示す建築用語です。
2⃣構造クラック
ひび割れ(クラック)の幅が大きいと、ひび割れから雨などが外壁内部へと周り、躯体への劣化に繋がりますので、構造クラックが発生し始め段階で塗装の施工と、ともに修復する事を推奨致します。(緊急性のある劣化に分類されます)
⑤塗膜の剥離・脹れ
塗装した膜が、剥がれたり、脹れた症状が現われます。
これは、劣化(クラックから雨水などによる影響)による付着力の低下が原因です。
この劣化状況が発生すると外壁を保護する機能が無い状況なので、下地素材の欠損に
進行します。緊急がある劣化ですので、早急な対応が必要です。
⑤塗膜の剥離・脹れ